No social menu have been created yet. Create one.

43歳痩せ型男が1ヶ月で59kg→50kg!-5キロ炭酸水ダイエットに成功した方法

やせの大食いの部類で、どか食いをしても大して太ることのなかった私が、40歳を過ぎ体の代謝が落ちてきたことには勝てず、なんと気づけば半年で5kgも増加(高校1年生から変わっていなかったのに…)。おかげで持っている洋服、特にスーツがパツンパツン。これはやばい、とそこから1ヶ月後の健康診断に向けて人生初のダイエットにチャレンジ。見事に目標通りの5kg減に成功しました。しかも身長170cmで、太っても59kgというやせ型。ダイエットは必要ないとか言われましたが、それでも体重の8%を削ることができたのです。

初めてのダイエット、運動に興味のない私が選んだのは、まず糖質制限。とはいえ、3食全てで糖質制限してしまうと、エネルギーが足りなくなり生活に影響が出るため、昼食と夕食にしぼりました。昼食は、それまで外食でご飯やパスタを大盛りしていたところを、コンビニで売っている海藻サラダ&ノンオイルドレッシングに。それだけではさすがに厳しいので炭水化物は少し取りたいところですが、それこそが太りやすい。そんな時に気づいたのが、ローソンで販売している糖質制限シリーズのパン。これがなければ私のダイエットは成功しなかったといっても過言ではありません。夕食は、料理が苦手なので出来合いのもの。まずはキャベツの千切り。100円で売っていて洗わずに食べられるものです。これに、うすい豚肉を乗せてレンジでチン、粗挽き胡椒とポン酢をかけて完成。付け合せに豆腐と納豆、お味噌汁、というラインナップです。一日の糖質摂取量の標準は230?260gと言われ、最低でも100gを取ることが望ましいのですが、この昼食と夕食で、概算ですが60?80gくらいです。朝食には4枚切りのパンを1枚(糖質20gくらい)なので、一日の最低限の摂取量くらいになっています。

さて、糖質は抑えられても、大食いの私には明らかに量が足りない。満腹感が得られません。そこでネット検索するうちにたどり着いたのが炭酸水です。食事の前と最中に炭酸水を飲むと、炭酸によってお腹が膨張してくるのです。ビールを飲んでお腹が膨れる感じがするのと同じですね。そこで、昼食・夕食ともに500mlの炭酸水をそれぞれ1本ずつ空けて飲むようにしました。食べる前に1本空けるように、と書かれたサイトもあったのですが、それだと食べる時にすでに「うっぷ」となって楽しくないので、食べながら飲むようにしていました。

さて、結果ですが、1ヶ月後の健康診断では見事に5kg減に成功!その後もしばらく続けていた結果、最大で6kg減まで行きました。ただ、もともとやせ型でBMIが「やせすぎ」の数値になったこともあり、今は当時から4kgほどマイナスの状態をキープしています。もともとやせ型、運動も苦手、仕事も事務職で動かない、そんな私でもここまでやせられたのですから、誰でも成功できるはずですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA